10月お菓子教室「プチガトー」


洋ナシのババロア、かぼちゃモンブランクリーム添えといったらいいのか。
いろいろと手間隙かけた今回の課題お菓子。
f0021491_12471276.jpg
洋ナシのババロアはけっこうあっさり味。
複数人数分のレシピだったので、よけいにそう思ったんだけど、おびただしい量の生クリーム。
こりゃカロリー高いわ!と思えるような行程だったけど、食べたらそんなに感じない。
ある意味おそろしく感じた。


f0021491_12503366.jpg
ちなみにこれが僕が作った分。
ババロアは冷凍庫でカチコンにしてあり、型から外すのは、ガスバーナーで周りを温めて外す方法。
なかなかというか、家ではまずできない芸当。
家では、まあ、なんかの容器に入れて、そのまま冷蔵庫で冷やし固めて、そのまま食べるのがいいな、と。


f0021491_12523747.jpg
さあ、試食。
いつも思うけど、お菓子ってやっぱプレートでの演出は、ものすごおく必要だなと感じる。
粉糖の使い方ひとつとってもいろいろあるし、今回はホワイトチョコレートがかかってるし。

かぼちゃモンブランクリームはホワイトチョコが入っている贅沢なクリーム。
すごくかぼちゃの味がして、いかにも秋のお菓子。

ババロアも、洋ナシのジュース、洋ナシの果肉、洋ナシのピューレ、洋ナシのリキュールと洋ナシが凝縮された一品。

「ババロア」・・・
スポンジ好きには、イマイチ乗り切れないお菓子だったけど、今回で見方かわったな。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-10-30 12:57 | お菓子を作る
<< 第1回「スイーツを楽しむ会」 スイーツを楽しむ会持参 第1弾... >>