カテゴリ:お菓子を作る( 72 )

ちょっと焦げたショコラ

f0021491_02772.jpg
土曜日のお菓子教室に、先生に持っていくケーキができた。
ガトーショコラ。
2冊のレシピ本を参考に製作に入った。
結果はご覧のとおりちょっと焦げた。
そんでもって粉とメレンゲを少し混ぜすぎた気がする。
おもた~い食感になりそう。
どんなダメ出しがでてくるか、今から楽しみだ~
[PR]
by choco-tto2 | 2006-06-16 00:27 | お菓子を作る

豆乳の結果は…「チョコシフォン」


心配していた豆乳投入も、あまり気にならなかった。
少し粉っぽい気がしたけど、それは豆乳のせいなのか…わからない。
f0021491_036989.jpg
またもや今回も上部に穴が出現…
何とかならんか…


せっかくのバースデーケーキだから、慣れない手つきで一応ナッペ(だっけ?)してみることにした。
飾りは、娘の大好きな「いちご」と決めていた。
けど、夕食の買出しにスーパーに出かけたときに「それだけではさみしいな」と思って、お菓子コーナーへ。
アンパンマンの何かがあるかなとおもったけど、いいのがなし。
で、見つけたのが「ディズニーパックンチョ」。
プーさんが好きだから、形もかわいいし、これに決めた。
f0021491_0384614.jpg
デコレーションはまだまだ修行が足りん…
生クリームを遠慮しすぎたな・・・
ああ、難しいなぁ


f0021491_042233.jpg
味のほうはなかなか上出来。
クオカで頼んだ「ナンバーキャンドル」(っていうのかな?)をたいそう気に入り、「ディズニーパックンチョ」もたいそう気に入り、その勢いでたくさん食べてくれた。
誕生日おめでとう。
元気に育ってや~。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-06-12 00:43 | お菓子を作る

黄色い不思議?カトルカール

カトルカール(パウンドケーキ)の焼きあがり断面図がこれ。
なんか、所々に黄色いものがある…
f0021491_0343323.jpg
おそらく、おそらく、卵を混ぜるときの失敗が、この焼き上がりなのだろう。
卵がうまく混ざっていないのに関わらず、どんどん卵を投入してしまって、最後にはどうにもならなかったのだ。
それまでの工程、焼き上がりの形(もうちょっと割れ目がほしかったけど)、しっとり感、いままでで最高の出来だと、自負していたのに…、うう残念。
まだちゃんと食べていないので冷蔵庫に眠っている。
軽くトーストしていただきましょう。

またもやこれもリベンジ必要だ。
しかしこのケーキ、やたらと材料がかさばる。
材料見ただけで太っちまう・・・
[PR]
by choco-tto2 | 2006-06-06 00:38 | お菓子を作る

シフォンにはシフォンで対抗



別に対抗したかったわけではないけど、生クリームの封が長い間空いていたので、何とか生クリームを消費したい…という気持ちがあり、といっても生クリームを材料として使う何かを考えていたけど、なんだかんだ悩んだ末、シフォンケーキを作った。
土曜日に出会った、丹波茶で作った紅茶「丹波紅茶」の影響は大きい。

f0021491_23544541.jpg少し控えめだったかな、茶葉が。
しかも少し焼きが甘かったか、竹串になにもついてこなかったけど、色が淡い・・・
30分~40分というレシピで32分で切り上げた。
うちのオーブンの経験から言うと、もう少し焼いておくべきだったのかな。


f0021491_23563024.jpg親族の評判は上々。
でも土曜日に食べたカフェのシフォンケーキとはまったく食感が違う。
まあ、米粉だからやけどね。
また今度小麦粉で焼いてみようか。

今回はいつもと違うレシピ。
卵が1個分多いし、バニラエッセンス入ってるし、牛乳の変わりに水を入れたし。
ほんといろんなレシピがあるな。
オリジナルレシピ、早く確立させてみたいものだ。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-05-28 23:59 | お菓子を作る

好みは人それぞれ


さて、土曜日に作ったマンゴーチーズケーキ。
完成した品の撮影場所までお菓子教室の一角に準備してもらえた。
その割には、どうも写真うまく撮れてない。
もっと鍛錬が必要。
f0021491_042568.jpg
作るのはいたって簡単。
チーズ生地はクリームチーズやサワークリームなどをとにかく混ぜるだけ。
そのとにかくが重要のようで、しっかり混ぜることが出来を左右するそう。
下のクッキー生地(レシピが手元にないのでそう呼ぶことにする)も、材料的には特に特別なものもない。
発酵バター使用ということぐらいだろうか。
その上にスポンジがのったけど、そのスポンジ、やっぱ生地の細やかさというか、やっぱ違うね。
じいぃ~とよく観察したけど、ほんときれいなスポンジ。
なんであんな仕上がりになるんだろう。
その疑問は、おそらくこのケーキの仕上がりのいちばんのポイントと同じだと思う。

やっぱ、オーブンの違い。
おそらくそうだろう。
チーズ生地は湯せん焼き。

なんとか家で湯せん焼き、うまいことしたいなぁ。
1回失敗しているし。

今回のチーズケーキは、作るならアレンジしようとおもっている。
マンゴーの代わりに、フレッシュいちご、そしてチョコレートも挑戦したい。

今回の試食は、妻、妻母、娘2人。
僕の好みはずばりクッキー生地。それは下の娘も同じ様子。
あとの3名はチーズ生地好み。
しかもクッキー生地はもう少し少ないほうがいいとのこと。
僕と全く逆の感想。
やっぱりあたり前だけど、好みはばらばら。
まあでもチーズケーキなのだから、その感想も素直にうなづける。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-05-23 00:49 | お菓子を作る

5月はマンゴー

5月20日土曜日、午後2時。
そう、今日は待ちに待ったお菓子教室。2回目の参加。
早くこの日が来ないかと待ちわびて、やっとこさ来ました。

今回のレシピは「マンゴーチーズケーキ」。
前回からマンゴーと聞いていて、実は少しひいていた。
南国系のフルーツ、あんまり得意ではない。
しかもレシピを見てさらにひく。

げ!「ヨーグルト」が入ってる!
実は大の苦手。
口に入れることはまずもって不可能の食材。
まあ、そのものずばりではないので、かなりの抵抗感はあったけど、仕方ない。
f0021491_2224811.jpg
そんでもってこれ。
これはまあ、実は試食用。
こんなものを作ったのです。
作ったものは次回にでもアップ予定。

ここで二言。
まず一言、マンゴーピュレ、うまい!
ペロリとなめたけど、濃厚なまったりオレンジジュースみたいな感じで、けっこうかなりいけてた。
こりゃ使えそう。
それからもう一言。
プレートに盛られた生クリームやカスタードクリーム、マンゴーピュレやココアパウダー。
ケーキ以外のプレートでの演出、やっぱり影響大やね、実感。

それでは実際の製作感想は次回に。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-05-21 02:22 | お菓子を作る

通信教育でスポンジケーキ

今年4月からはじめた辻製菓の通信教育。
第1回目は「スポンジケーキ」。
今まで2回DVDを見て、今日、テキストを見ながら実践した。
型がぴったりのがなかったので、1個半くらい作成。
f0021491_17670.jpg
クリスマス同様、ちょっと焦がしてしまった。
でも膨らみ加減なんかはいい感じだし、工程もうまく進めたと思う。
薄力粉はスーパーバイオレット(確か)、バターは四つ葉のフレッシュバターを使用。
お味はどんな感じかな?
[PR]
by choco-tto2 | 2006-05-07 01:08 | お菓子を作る

最高のお菓子教室

悩みに悩んだ末、行くことに決めたお菓子教室。
今日午後2時(ちょっと遅刻しました、申し訳ございません)からの体験レッスンに参加した。

そのお菓子教室とは「La vanille(ラ・ヴァニーユ)」(勝手リンクお許しください)
今日の課題は「いちごのシュークリーム」。
シュークリーム大好きな僕(その割りに1回も作ったことないけど)としては、とてもうれしい課題だった。

教室にはいるやいなや、7名の女性生徒さんが待ち構えておられ、たちまち緊張してしまった。
勝手の分からないまま、厨房へ。
ホームページで見たまんまのすばらしい厨房!
なにもかもが新鮮で、おそらく誰にも分からなかったろうとは思うが、僕自身大興奮状態だった。
浮き足立った状態で、いざ講座開始。
説明もとても細かく、もらったレシピに書き込むことがたくさんあって、ホントかなり勉強になった。
浮き足立った状態で実際の作業も行った。
今回は8人で、いつもより多いらしいが、初めての僕にしては十分満足できる作業内容だった。

そして完成!(写真を撮ってる余裕もなかったので家で撮影)
f0021491_23545193.jpg
シュー皮もぱりぱり、そして何よりカスタードクリームが最高だった。
そしてある気づきがあったのは生クリーム。
家で作るものと比較したら、生クリームと粉糖という同じ材料。
でも味が違うのはどうしてなのか・・・
そう乳脂肪分の違いなんじゃないかな?ということだった。
どうも家で作ったら素人の味しかしなかったのは、この違いなのかな??
今回は乳脂肪の少ないもの。
僕もこれから少ないものを選ぶことにしよう。(この気づきが合っていると信じて)

講座終了後、入会の手続きを早速行った。
仕事でなかなか時間がとれないので、果たして全ての月に参加できるかどうかわからないけど、こんなチャンス逃してはならない、絶対行っておかないと!

月1回の講座がもう待ち遠しい。
こんな講座なら週1でも、いやいや、毎日でも参加したい。
そんな気分になった1日だった。

ああ、お菓子作りは楽しい。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-05-01 00:05 | お菓子を作る

とにかく追求したい「フィナンシェ」


いろいろと課題が多いフィナンシェ。
今回は焼き色と表面のやわらかさにこだわった。

f0021491_23513561.jpgf0021491_23515840.jpg










卵白の度合いは、あるレシピに「6分立て」となっていたので、いつもよりもしっかりかき混ぜた。
そうするとやっぱり泡立てて嵩が増えるので、たくさんの生地になった。
いつもよりは状態がいいような気がする。

焼き色はバターの焦げ方が足りないと判断し、いつもよりも長い目に火にかけた。
最初は「じゅわじゅわ」いってたバターが、いつの間にか音がなくなったので、「これが合図かな」と思い火を止めた。
そして高温200℃で9分焼いた。

焼き色はここ最近では最高。
でも膨らみ足りないな。

表面の柔らかさの追求は、これまたどっかでみた、「粗熱とれたらラップ包み」を実践。
ある程度は成功かなと感じた。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-04-29 23:54 | お菓子を作る

3種のクッキーできた



土曜日のパーティーの持参物、決定!
f0021491_1264114.jpg抹茶ころころクッキー

粉もんは「米粉」を使用。
アイスボックスクッキーを作るように、細長い円筒をつくろうかと思ったけど、生地がぽろぽろで断念。
ころころクッキーのかわいさでごまかした一品。



f0021491_1282757.jpgチョコクッキー

アーモンドスライスみたいなしゃれたものは常備していないので、シンプルに作成。
ただ、粉もん(これは薄力粉)にアーモンドパウダーをブレンド。
チョコ好きの僕としては、「チョコ味がないと意味がない!」とわがままな一品。



f0021491_1304969.jpg全粒粉クッキー

この前買っていていつか使いたいと思っていた「全粒粉」。
ネットでレシピを調査。
たくさんあって迷ったが、とりあえず簡単そうなドロップタイプクッキーを選択。
同じときに買った「キャラメルチョコチップ」もちりばめた。
今後のお菓子作りのためにも、実験的な一品。

以上3種のクッキー、ちなみに味見の結果は、妻も僕も「抹茶ころころ」が一番人気。
米粉のやさしさが勝因かな?
[PR]
by choco-tto2 | 2006-04-28 01:36 | お菓子を作る