新規オープン!お菓子屋「豆畑」

ここ丹波篠山に新しくお菓子屋さんがこの日曜日にオープンした。
仕事の関係で、何回かオーナーさんとは話をしていたので、ついにオープンを迎えられたのは本当にうれしいことだった。
「おめでとうございます。」

でも仕事を離れての個人的な感想は。
「うらやましい」
「くやしい」
f0021491_0402625.jpg
とりあえずは近所だから行っておかないと気がすまないので、オープン初日、のぞいてきた。
案の定かなりの人で混雑していて看板商品「ロールケーキ」は売り切れ。
僕が狙っていたもうひとつの看板商品「シュークリーム」と、「プリン」と「フロマージュ」を妻と分けっこ。


f0021491_0403742.jpg
子供たちは「いちごのショートケーキ」を選んだ。

もちろん焼き菓子も買った。

おいしかった。
プリンに「卵」を感じた。
今度はロールケーキ。
ひと段落ついたあたりに行ってみよ。

あ~うらやまし。
[PR]
# by choco-tto2 | 2007-01-23 00:46 | お菓子を思う

1月のお菓子教室「コケット」




2007年最初のお菓子教室の課題は「コケット」。
ビスキュイにクリームを挟み込むという、ケーキというよりかは「おやつ」のような品。
きらびやかな洋菓子が少し苦手な僕にとっては、心くすぐる素朴な風貌のものだった。

作り方もシンプル。
とにかく生地がシンプルなだけに、先生も言っておられたが、会得するのは苦労しそうな気がする。
クリームはカスタードクリームと、ミックスフルーツクリーム。
以前シュークリームのときにカスタードは習ったけど、実際ここで習ったカスタードクリームはまだ作っていない。
復習の意味も込めて、しっかり目と耳を働かせた。
f0021491_030216.jpg
先生のサンプルがこれ。
直径8cmで搾り出したもの。
かなりボリュームがあって食べ応えはあったけど、ちょっと大きすぎるかな?とは思った。
ちなみにこの形、「くまさん」とのこと。


f0021491_0303323.jpg
試食はカスタードとミックスフルーツクリームの両方。
フルーツクリームはちょっと酸味が感じられ、僕にはやっぱカスタードが良かったな。

このお菓子、これからの僕のお菓子作りの方向性に何かしらヒントは与えてくれた気がする。
僕にとってはチョコっとした革命お菓子となった。
[PR]
# by choco-tto2 | 2007-01-23 00:34 | お菓子を学ぶ

おひるの定番「チャーハン」~レタスチャーハン~



土曜日の午後はけっこうチャーハンの時が多い。
作るの好きだし、食べるの好きだし。
f0021491_12472288.jpg
今回は実家から持ってきてくれた「レタス」が主人公。
ハム、たまねぎ、にんじん、ブロッコリー、卵など、そこらへんのかき集めの具材でチャッチャと炒める。
味付けはこれまた定番、中華だし「ウエイパー」と塩コショウ、そして最後にしょうゆ。


特に変わり映えのない一品。
けっこう味濃くしたつもりだったけど、店の味には到底及ばない。
いったいどれだけの調味料を使ってるんだろう。
子供にはこれくらいがいいのだけれども。
[PR]
# by choco-tto2 | 2007-01-22 12:47 | ごはんも作る

お菓子三昧の一日


日曜日。

今年初めてとなった、お菓子教室の日だった。
午前10時から12時まで2時間受講。
ティータイムでは今日作ったお菓子の試食。

帰ってきて、家族で昼ごはん食べに出かける。
そしてその帰りがけ、ここ丹波篠山に今日オープンしたケーキ屋さんに立ち寄り、ケーキやらクッキーやらを購入。
家に帰って、早速食べる。

そして夜、今日のお菓子教室の復習としてお菓子を作る。
そして教室で作ってきたお菓子をその後食べる。

一日3回のお菓子タイム。
さすがに気持ち悪い。
今日の日曜日の詳細は、後日じっくり書き込むことにする。
ああ、ねむた。
[PR]
# by choco-tto2 | 2007-01-22 01:47 | お菓子を思う

山のはちみつ届いた


ネットで衝動買いした「はちみつ」。
まさか自分が自らはちみつを買うことは思わなかったな。
それだけ惹かれた商品ではあった。
なんてったって、6種類入ってて、1,000円やもんね。

早速開けてみることに・・・
f0021491_0113654.jpg
注文したとこは、秋田の会社「山のはちみつ屋 ビー・スケップ」
開封と同時に、はちみつの香りが「ほわわ~ん」と広がった。(商品自体の箱開けてないのに)
うれしいことに、ささやかなプレゼントということで、はちみつのあめが入っていた。
もう歯磨きしたので、明日以降のお楽しみ。
そして商品自体の箱を開けてみる。


f0021491_0154516.jpg
なるほど、6種類1,000円だけあって、やはり小さい。
まあ、はちみつやからこれくらいでじゅうぶんじゅうぶん。
そしてネットでの書き込みどおり、小さな容器がなんとも可愛らしい。
1個が50g、じゅうぶんじゅうぶん。


f0021491_0155782.jpg
種類は・・・
「オレンジ」
「ブルーベリー」
「ラズベリー」
「コーヒー」
「とち」
「あかしや」
気になる存在は「コーヒー」かな。
さあさあ、何からどうやって使おうか。
[PR]
# by choco-tto2 | 2007-01-19 00:21 | お菓子を思う

All About その道のプロが、あなたをガイド


最近いろいろ忙しくてお菓子を作る時間がない。
これは自分の甘えも少しあるんじゃないかな?なんて最近思ってきた。
絶対時間は作ろうと思えば作れるはず。
いったい俺は何をしてんだか・・・
最近自分で自分を追い込んでいることが多々ある。

少しでも前へ。
ちょっとずつ調べ物をしていこうかな?と思い、お菓子関連のサイトを研究することにした。

ガイドしてくれるらしい、All About。
「パティシエの作るデザート情報から、レシピ紹介、洋菓子の教室案内まで」らしい。
http://allabout.co.jp/gourmet/sweets/

とにかく少しでも前進を。
[PR]
# by choco-tto2 | 2007-01-17 00:33 | お菓子をリンク

ボンカレーどんぶり


土曜日の午前中、テレビをつけるなら見る番組「せやねん」。
そのなかの「どこいこ」という飲食店紹介のコーナーで、今日はカレーうどんが紹介されていた。

カレーうどん・・・
カレーも好きだし、うどんも好きだけど、まず、店では頼まないし、自らすすんで注文しない一品だけど、なぜか今日はすごく惹かれた。

そして思い立ってつくったのが、カレーどんぶり。
f0021491_235847.jpg
なぜにどんぶり?

そう、ここ最近子供たちの体調がよろしくなく、何を食べてくれるかな?と思い立ったのが「うどん」。
しかし、家族全員分のうどんはない。
どうしてもカレーが食べたい。
そうだ!うどんだしとカレーをあわせて、どんぶりにしよう!

ということで作った一品。
カレーは、1箱68円でこの前買ったばかりの「ボンカレー」。
昆布を浮かべ、粉末かつおだしと、塩、しょうゆ、みりんで味付けしたうどんだしは、まあまあの出来。

お店でも食べたことのないカレーどんぶり。
けっこうこれからやみつきになりそうな気がする・・・。
経費的にも満足できたお昼ごはんだった。
[PR]
# by choco-tto2 | 2007-01-14 02:08 | ごはんも作る

チョコっとスポンジ

我が友302号のためにチョコっと流スポンジケーキのレシピを公開。
といってもレシピ本をほとんどまねてるけどね。

【型】
レシピ本では20~22cm型になってるけど、うちには18cmしかないので、18cm。
そのほうが高さも出るし、第一ボリュームもある。
生クリームよりスポンジ派の僕としてはうれしいかぎり。

【材料】
卵 3個
※スーパーにある卵。僕は殻が赤い(っていうんかいな?)のを使ってるけど、特に意味はない。おいしそうやし、高いからいいんじゃないかと。

薄力粉 90g
※薄力粉はそのときにあるもの。今はなんだったかわすれたけど、スポンジがふんわり焼けるやつ。

グラニュー糖 72g
※クオカで購入した、粒子の細かい特細目を使用。これはいい。

トレハロース 18g
※ここでちょこっとしたこだわり。尊敬する和菓子屋さんから聞いた話題の天然糖質。しっとりするらしいけど、未だ違い分からず。

無塩発酵バター 30g
※ここでもちょこっとしたこだわり。香りに特徴のある発酵バターを使用。最近は明治にはまってる。安いし。

基本の材料はこんな感じ。

【作り方】
①卵液を湯せんにかけ、ハンドミキサーで、ほぐしながら徐々に糖類(グラニュー糖+トレハロース)を加える。
糖類の加えるタイミングはてきとー。

②卵液が40℃になるまで、ひたすらハンドミキサーで泡立てる。
別に40℃きっかりでなくても、そこらへんまで上がればいいと思う。
卵液を温めるのはけっこうなポイント。

③40℃になれば湯せんから外して、ひたすらハンドミキサーで泡立てる。
やはりここがポイントかな。
どこまで泡立てるのか。
ハンドミキサーを持ち上げたときに、金具の中にちょっとだけこもるくらいまで、としとこかな。

④水大さじ1加えて混ぜる。
何の意味やったか、忘れた。
ちょっとレシピ本が手元にないんで。
あんまり意味ないかな?どうかな?

⑤薄力粉を加えて混ぜ合わせる。
ふるいながら3回くらいに分けて、って感じかな。
卵がしっかり泡立ってたら、ここで少々混ぜすぎても大丈夫みたい。
大胆に、そして粉が残らないように、丁寧に。
泡だて器使ってま~す。

⑥溶かしバターを加えて混ぜる。
ゴムベラに持ち替えて、ゴムベラに当てて流し込んで混ぜま~す。
ボウルの底にバターがたまらないように。
溶かしバターは湯せんがおわった鍋に入れておいたら、いい感じに溶けてます。

⑦170℃で28分~30分。
ここが勝負の分かれ目。
うちのオーブンの場合、28分かな?
これはやってみんとわからん。


302号、健闘を祈る。
他の皆さん、こんなレシピっていいんでしょうか?
[PR]
# by choco-tto2 | 2007-01-11 00:06 | お菓子を思う

2007スタートは「さつまいも白玉ぜんざい」

2007年、お菓子作りのスタートは、自分でも意外の「和菓子」から。

正月に市販のお菓子をたらふく食べたせいか、どうもバターたっぷりとかの洋菓子を食べる気がしなく、和菓子もやっぱり手をつけとかないと、ということからレシピ本をぱらぱらめくって決めたのが、「さつまいも入り白玉」

きなこと、黒砂糖をかけよう!と思っていたら、妻から「ぜんざいが食べたい」の一言。
ゆであずき缶があったので、白玉ぜんざいに変更した。

実は、白玉もぜんざいも初体験。
上新粉と白玉粉と両方あるので、どっちを使おうか、というか、どっちを使ってもいいのかということから悩んだけど、せっかくレシピに書いてあるから白玉粉にした。
我が家では白玉粉は「もち」、上新粉は「だんご」と解釈したけど、それでよかったのだろうか・・・

作っている途中に娘が、「棒につけたい!」(訳:「くしに刺したい!」)と言ったので、子供たちは串だんご(串もち?)に変更。
まずは、子供たちへ。
f0021491_2341525.jpg
ふにゃふにゃになってしまったけど、まあ、見た目は串だんご。
甘さを控えたいこどもたちには、これがちょうどよかったかも。


そんでもってぜんざいの完成!
f0021491_23422760.jpg
それにしても、ゆであずき缶というのは、甘いねぇ!!
むちゃくちゃ甘い!
汁物にするから水を入れた(塩も入れた)ので、砂糖が必要なのかな?なんて思っていたけど、砂糖入れなくても十分、というよりもっと減らしたい!って感じ。
砂糖入れなくてよかった。


f0021491_23442238.jpg
そして白玉の中には、裏ごしした「さつまいも」を入れた。
このさつまいも、砂糖が入っているんだけど、正直ぜんざいにする場合は、砂糖いらないかな。

まあとりあえず、2007年お菓子作りのスタート、うまくいったほうかな?
[PR]
# by choco-tto2 | 2007-01-08 23:54 | お菓子を作る

注目の食材「はちみつ」


今年まずは目をつけた食材は・・・はちみつ。

糖類をたくさん使うことに抵抗があって、はちみつなら体にもやさしいはず、と昨年からいろんなはちみつを試してみたいと思っていた矢先、さっき楽天市場をうろうろしてたら見つけた!はちみつ!
別にはちみつを探し求めていたわけではなかったけど、ここで会ったのは何かの縁、しかも期間限定販売ときたもんだ!

さっそくクリックして買ってしまった。
今年は節約していこうと思っていた矢先・・・

まあいいとしよう。
6種類で1,000円はかなり安いし。
発送予定日は1月16日。
けっこう待たされるけど、そんな時間も楽しいもんだ。

さあ、届いたら何に使おうかな?
フィナンシェそしてロールケーキに興味アリ。
[PR]
# by choco-tto2 | 2007-01-06 02:02 | お菓子を思う