11月お菓子教室「バナナシフォン」

先月に「シフォンケーキするかも」という話を聞いていて、密かに楽しみにしていた今月のお菓子教室。
予告どおりのシフォンケーキでほっとした。

バナナシフォン

つぶした熟バナナと、コンパウンドバナナが入る濃厚なシフォン。
そしてコンパウンドアプリコットも入った、やっぱそこらへんのバナナシフォンとは違うレシピだった。
f0021491_0485776.jpg


f0021491_0493268.jpg
こちらが試食用、先生作のシフォン。

7人という大人数の教室となったけど、2人1組が3グループ+1人のみのグループ編成となり、ありがたいことに1人のみで作ることが出来た。
といっても、メレンゲづくり、卵黄生地作りと同時に行う必要があったので、メレンゲ作りはほとんどスタッフの方にしていただいた。

まちがいなくそのおかげで、メレンゲばっちり。
きれいに膨らんだ。
f0021491_0531363.jpg


f0021491_056511.jpg

レシピを得ることが出来たことも大きいけど、今まで何回か作ってきて、疑問に思っていたことがけっこう解消できたことがひじょうに大きな収穫だった。

いちばん大きかったのは、メレンゲの出来具合、そして卵黄生地との混ぜ方。

僕の場合、ひょっとしたらぼそぼそメレンゲだったかもしれない。
そして卵黄生地と混ぜるとき、気泡を消さないようにと、過剰に神経を使いすぎていたかもしれない。

次回のシフォン作り、この2点注意してうまくいけば、シフォンの基礎ができあがるかもしれない。
[PR]
# by choco-tto2 | 2006-11-21 00:57 | お菓子を作る

結婚記念日ケーキ 初受注


何とこの僕に「結婚記念日にケーキを作ってほしい」という、無謀なお願い事が舞い込んできた。

そしていよいよ作成にとりかかった。
構想は、2段式フルーツたくさんデコレーションケーキ。

スポンジは米粉で製作、18インチと12インチのスポンジの2段とした。
そしてそれぞれ半分に切り、生クリーム、苦労した「黒枝豆ペースト」を混ぜ込んだカスタードクリーム、キウイをはさんだ。
f0021491_0181693.jpg


そして2段に積んでみる。
ふむ、まあまあいい感じ。
f0021491_0183214.jpg


そして一旦、2段目を下ろし、僕にとって最難関の生クリームデコレーションに入った。

やっぱり案の上「ゆるい」。
固くならないように、それでいてゆるくならないように・・・
注意したつもりだったのに。、まだゆるかった。
いったいどこまですればいいのか・・・
これはほんと、何回もやってみないとわからない。

そして時間も押し迫り、きれいに形どるなんていう暇もなく、デザートも思うほどのせられないまま、完成を迎えた。
f0021491_019080.jpg


そして生クリームを冷蔵庫で落ち着かせる間もほとんどないまま、プレゼント。
クオカで買ったケーキボックスも間に合い、プレゼントとしてはいい形だったけど、肝心の中身を開いてもらったら・・・

端にトッピングしてた「ぶどう」がごろごろと落下・・・
見るも無残なものになってしまっていた。

ああ、ああ、ああああああああああくやしい!!!!!
こんなん、いやや!
申し訳ない!!
ほんとくやしかった。

絶対こんな失敗してたまるもんか!
[PR]
# by choco-tto2 | 2006-11-10 00:19 | お菓子を作る

スポンジケーキ 断面ショー

何と、職場の人からデコレーションケーキを頼まれてしまった!
どないしよ、そんなきちんとした依頼、初めて聞いた。
しかもアニバーサリーケーキ。
大切な記念日のケーキを僕のケーキで大丈夫なのだろうか・・・
ものすごいギャンブルだと思うんだけど・・・
とりあえず、確か4日後くらいだったと思うので、予行演習をすることにした。
薄力粉をきらしているので、クオカで注文し、今日は米粉で予行演習。
グラニュー糖も特細目がきれているので、同じくクオカで注文し、普通のグラニュー糖で予行演習。
20㎝型のレシピで18㎝と12㎝?の2段重ねをやってみようと挑戦。
f0021491_23375293.jpg
焼き時間はレシピ180℃25~30分のところを、35分。

なかなかの焼き上がり。

恐る恐る断面ショーしてみると・・・

おおええやん、いい感じ。

生地はこれならいけるかな。
米粉やったらダマになりにくそうやし、逆にいいかも。

あとは大不安のデコレーションか・・・
これはぶっつけ本番になるやろうな。
ああ、不安。
[PR]
# by choco-tto2 | 2006-11-05 23:40 | お菓子を作る

続 猪肉三昧

この前の猪肉パーティーは、豪華すぎて肉が余り、持ち帰ることが出来たので、今日猪肉パーティーの続編を我が家で行った。
f0021491_130543.jpg
猪肉の野菜炒めと、猪味噌汁。
材料は冷蔵庫の余りモノで対応。
せっかくの高価な猪肉、万全の体制で臨むべきだったかもしれないけど、偶然の産物か、野菜炒めに入れたレタスが、たれと絶妙にからんで甘くなり、まるで長ネギを食べているような感覚だった。
なかなかの発見の一品だった。
[PR]
# by choco-tto2 | 2006-11-05 01:31 | ごはんも作る

米粉かぼちゃクッキー



猪肉パーティーで意外?と好評だった「米粉かぼちゃクッキー」のレシピを残しておこうと思う。

米粉かぼちゃクッキー(約50個分)
f0021491_235376.jpg

米粉         180g
無塩発酵バター  100g
グラニュー糖     70g
裏ごしかぼちゃ    50g
全卵           1個
ベーキングパウダー 3g
塩            1g
チョコチップ      適量

参考にしたレシピは薄力粉を使ってたけど、オリジナル性(実は薄力粉きらしてた)を出すために米粉を使った。
そんでもって180℃で10分~15分のレシピだったけど、20分ほど焼いた。
それくらいでやっと、クッキーらしくなった。

うちのオーブン、クッキー焼くときは20分は必要やな。
[PR]
# by choco-tto2 | 2006-11-03 23:53 | お菓子を作る

秋のスイーツ


f0021491_248680.jpg
僕の大好きなチョコレートの季節でもある秋。
スイーツにとってはいろんな食材を楽しめる秋。

そんなこんなで3品を猪肉パーティーで披露。

ガトーショコラ、丹波篠山黒枝豆チーズケーキ、かぼちゃクッキー。

それぞれのコメントは次回に。
とりあえず、作ったことに満足。
[PR]
# by choco-tto2 | 2006-11-03 02:48 | お菓子を作る

第1回「スイーツを楽しむ会」



お世話になっている方がオーナーである、ペンション「丹波花の木」で、記念すべき第1回「スイーツを楽しむ会」が開催され、もちろん参加してきた。


f0021491_183274.jpg
このイベントは、スイーツ大好き人間が、自分が作ったスイーツや、自分がお気に入りのスイーツをお取り寄せして持参し、それらのスイーツを食べながら「ああでもない、こうでもない。」と語り合う、お菓子好きにはたまらないイベント。

第1回は、オーナーや僕を含めて7名という、比較的こじんまりした人数でスタートした。

今回僕が用意したのはもちろん手作りスイーツ2品。


f0021491_193720.jpg
チョコ大好きという肩書きから「ガトーショコラ」。


f0021491_195038.jpg
季節柄タイムリーで、いただきものがあったので「かぼちゃチーズケーキ」。


オーナーを含めたそのほかの方も手作りスイーツを持参。


f0021491_1101460.jpg
栗のモンブランクリームの入ったふあふあココアロールケーキ。


f0021491_1105457.jpg
黒豆ぎっしりのぜいたく黒豆タルト。


f0021491_1115581.jpg
黒豆とコーヒーの香りが絶妙の黒豆&コーヒーフィナンシェ。


どれもこれも丹波篠山の特産が使われたとっても贅沢なスイーツばかり。


f0021491_114241.jpg
なんとかしていろんな味を吸収しなくては!と勢いよく食べたものの、さすがにこれだけの量、一気に食べたら気持ち悪くなった。
でも、ほんと美味しいものばかり。

そんでもって、今回のガトーショコラ。
一番の会心作!
「素人の味ではないね」と言われたときは、おせじでもとてもうれしかった。
かぼちゃチーズケーキも初挑戦ながら満足の出来。
これでチーズケーキというケーキの可能性を感じることが出来た。

次回は11月26日。
今から何を持って行こうか、どんなものが揃うのかワクワクドキドキ!
[PR]
# by choco-tto2 | 2006-11-01 01:26 | お菓子を作る

10月お菓子教室「プチガトー」


洋ナシのババロア、かぼちゃモンブランクリーム添えといったらいいのか。
いろいろと手間隙かけた今回の課題お菓子。
f0021491_12471276.jpg
洋ナシのババロアはけっこうあっさり味。
複数人数分のレシピだったので、よけいにそう思ったんだけど、おびただしい量の生クリーム。
こりゃカロリー高いわ!と思えるような行程だったけど、食べたらそんなに感じない。
ある意味おそろしく感じた。


f0021491_12503366.jpg
ちなみにこれが僕が作った分。
ババロアは冷凍庫でカチコンにしてあり、型から外すのは、ガスバーナーで周りを温めて外す方法。
なかなかというか、家ではまずできない芸当。
家では、まあ、なんかの容器に入れて、そのまま冷蔵庫で冷やし固めて、そのまま食べるのがいいな、と。


f0021491_12523747.jpg
さあ、試食。
いつも思うけど、お菓子ってやっぱプレートでの演出は、ものすごおく必要だなと感じる。
粉糖の使い方ひとつとってもいろいろあるし、今回はホワイトチョコレートがかかってるし。

かぼちゃモンブランクリームはホワイトチョコが入っている贅沢なクリーム。
すごくかぼちゃの味がして、いかにも秋のお菓子。

ババロアも、洋ナシのジュース、洋ナシの果肉、洋ナシのピューレ、洋ナシのリキュールと洋ナシが凝縮された一品。

「ババロア」・・・
スポンジ好きには、イマイチ乗り切れないお菓子だったけど、今回で見方かわったな。
[PR]
# by choco-tto2 | 2006-10-30 12:57 | お菓子を作る

スイーツを楽しむ会持参 第1弾「ガトーショコラ」

ガトーショコラ

僕のお菓子作りには、やっぱりこれは外せない。
チョコレート菓子の王様。

写真撮り忘れたけど、180℃30分で、ほんのちょっと焦げたように見えるけど、なんとか台無しにすることはなかった。
でも真ん中うまくへこまへん。

いいにおいは家中充満してるけどね。
[PR]
# by choco-tto2 | 2006-10-28 02:47 | お菓子を作る

丹波篠山黒枝豆スイーツ

とうとうこの日がやってきた。
そのわりにとっかかる時間があまりにも中途半端。
平日の午後11時前。
じっくり腰をすえてお菓子を作る時間ではない。

作るものは、黒枝豆モンブラン(ロールケーキ生地)
いわゆるロールケーキにモンブランクリームをのせるもの。

とりあえず2~3日ほど前にできあがっている生地を準備。
f0021491_0321941.jpg


バターやオイルを使わない、ヘルシーなスポンジ生地。
「はちみつが決め手」と本に書いてあった。
まあなかなかの出来。

そしていざ枝豆モンブランクリームへ!!

しかし・・・

電子レンジで冷凍した枝豆を柔らかくしようというのが間違いだった。
なんにも柔らかくならん。

ロールケーキの中身は、バナナと刻み枝豆でうまくいったけど、肝心のモンブランクリームが・・・
クリームというようリか、「中途半端にすりつぶした甘さからめた枝豆」という感じで、クリームにもならず、上からかけるクリームのつもりが、見れるもんでなかったので、ロールケーキの具材として丸め込んだ。
f0021491_0364368.jpg


f0021491_036253.jpg



味はホントいまいち。
黒枝豆スイーツの初挑戦は失敗に終わった。
やっぱ枝豆は、とことん柔らかくしてペースト状にすべき。
手間かかるけど、大切なこと。
[PR]
# by choco-tto2 | 2006-10-26 00:39 | お菓子を作る