カテゴリ:お菓子を評す( 19 )

しっとりしたが、鼻づまり

かぼちゃのスクエアケーキ
粗熱をとったあと、切り分けて皿ごとラップに包んでいたら、やっぱり日が経つごとにしっとりと生地がなじんできた。
やはり焼き菓子は何日か置いた方がいいんやねぇ。
気ばかりが焦って「どんな味なんだろう」と、早速食べてしまうことを少しは抑えなくてはいけない。

ただ、ちょっと前よりはマシになっているはずなのに、もう万全であろうはずなのに、鼻がどうも効力を果たしていない。
だから今回に限って、あんまり風味を感じることができない。

いつものように試食してもらっているので、その回答を待ってみよう。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-03-01 22:53 | お菓子を評す

意外と好評「チョコキャラメル」

骨抜きキャラメルになった。
まったくもって固くない。
固すぎるというのも嫌だが、ちょっと柔らかすぎた。

おそらく生クリーム(ホイップクリーム)の分量を間違えなければ、それぞれの分量がマッチし、いい感じになってただろう…
次回との比較が楽しみだ。

それにしても、職場で意外と好評だったのは驚いた。
ありがたや。

そんでもって可能性の広がるバラエティ豊かになりそうなお菓子だな、とひそかにいろんな組み合わせを思い浮かべた。
次回は何でいこうかな。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-02-28 01:44 | お菓子を評す

ノーマルなおいしさ

ベイクドチーズケーキ

生クリームの変わりにホイップクリームを使用。
材料的にも、とりあえずあるものを使って、そんなにこだわらず。
なのにけっこう自分でも「へぇ~」と思うくらい美味しくできた。

もう少し焼いてもよかったかなというのが本音。
でも十分満足できる味に仕上がった。

少し考えたこと…
チョコホイップの変わりに普通の生クリームを使用。
チョコ味にするために、バターといっしょにチョコレートを溶かし、生地に流し込めば、いったいどうなることやら…
けっこう興味津々。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-02-21 01:09 | お菓子を評す

おいしいらしいフィナンシェ

この前作ったショコラフィナンシェ
職場に持っていって、食べてもらった感想は「おいしい」とのこと。
うれしい言葉だけど、どうも納得はしていない。

「あんまりチョコレートっていう感じがしなかった」という回答があったけど、それはそのとおり。
チョコレートとはあまり言えなかった…

そして表面の固さ、これホントどうにかならないものかと思案していたところに、今日、3時のおやつでもらったのが「コトブキ」のフィナンシェ。
袋の中はしっとりじとじと。
いつものように原材料名をチェックすると、「洋酒」の文字が…

ははぁん、リキュールか何かを最後に塗ってるんかな??

でもアンリシャルパンティエのフィナンシェには「洋酒」なんてない…


そこでピンとひらめいた。
溶かしバターでも表面に塗ってみようか…
邪道だろうな…でも今度試してみたい、いったいどうなることやら。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-02-15 00:57 | お菓子を評す

チーズなプレーンパウンド

プレーンパウンドケーキ
発酵バターが何者なのか、明らかになる方法で探ってみた。
結果、発酵バター使用のプレーンパウンドケーキは、「固いチーズケーキ」となった。
amiさんのコメントにあったとおり、確かに発酵系の味が感じられた。
今日渡したモニターさん(勝手にそう呼ばせてもらいます)にも、「チーズの味がした」との感想をもらった。
ただ、僕はヨーグルトは苦手であっても、チーズは大好き。
重たいベイクドチーズケーキと言えるような味だった。

で、結論。
パウンドケーキには発酵バターは合わないと思う。

発酵バターいったいどうやって使ったらいいのだろう。
妻曰く「クッキー」。
はてさて、あと200gばかし、妻の言うとおり「クッキー」でも焼いてみようかな。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-01-22 23:01 | お菓子を評す

ブラウニーの余波

一度にたんまりできるブラウニー。
家で消費したら、えらいことになるので、職場を中心に配ったところ、意外や意外、今まででいちばんいい評価をもらった。
妻もけっこう気に入った様子。
自分では未だにどこがどういいのかよくわからないけど、「発酵バター」という素材にちょっと注目してみたいと思う。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-01-17 23:58 | お菓子を評す

極甘ブラウニー

f0021491_0341548.jpgさすが砂糖300g、甘い!
ブラウンシュガー200g、グラニュー糖100gというのはすさまじい量だった。
ん?ブラウンシュガー?
ということで、そのときはブラウンシュガーというものを知らなかった。
家にある「きび砂糖」を使おうかと思ったが、余計なことはしないでおこうと、グラニュー糖300gにした。
ブラウンシュガーについて調べてみると、どうやらそのまま「茶色い砂糖」という意味で、「これがブラウンシュガーだ。」というしっかりしたものはないようす。商品名でブラウンシュガーという砂糖もあるらしいが、身近なところで三温糖などらしい。
またひとつ勉強になった。

それから発酵バター。
焼いてみるとヨーグルトっぽい匂いは全くなく、バターを感じさせないような仕上がりになっていた。
鈍感なので、違いが今ひとつ分からないが、妻が言うには「今までのお菓子と違う」との一言。
発酵バター、注目の材料である。
今度はフィナンシェかパウンドケーキで違いを実感してみたい。

結論。
甘いけど、けっこう気に入った。
やっぱ焼き菓子、時間をおくほどおいしくなる。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-01-17 00:34 | お菓子を評す

この前のタルト

レアチーズチョコタルト

タルト
アーモンドパウダーを初めて投入。やっぱり美味しい。
四つ葉のフレッシュバターもタルトに初めて使ったが、正直あまりわからなかった。
でもタルト生地は今までで一番美味しかった。
アーモンドパウダーを入れるのは今後も続けていきたいし、ベストの配分も考えたい。
チョコ生地
三田のチョコレート工場で特売をしていたチョコレートを使用。
クーベルチュールではないけど、ビターやミルクチョコが混ざっていたので、混合で使用。
この前のさつまいもチョコタルトよりは甘い。
レアチーズ生地
正直レアチーズはちょっと苦手。
でも自分の好みとしてはチョコ生地が多かったせいでレアチーズはそんなに勝っていなかった。
クリームチーズはまた違う方法で使おう。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-01-10 00:29 | お菓子を評す

タルトとフィナンシェ

さつまいもチョコタルト
とにかくさつまいもが固かった。
この一言に尽きる。
中途半端なさつまいもは使ってはならぬ。
つぶすならしっかりつぶさないといけない、当たり前か。
チョコレートはカカオ67%(?だったかな)のクーベルチュールだけあって、大人な味わいに仕上がったと思う。
もう少し、甘さを加えててもよかったかな。
タルトはちょっと焼きすぎ。
180℃20分が妥当か…

抹茶フィナンシェ
妻からは今までで最高との絶賛評価。
型のことはぬきにして、しっとり感はいい感じ。
でもやっぱり、表面固い。
粗熱とれてすぐにラップで覆ったけど、意味なし。一個ずつラップすべきか…。
今までほとんど米粉ばっかりなので、今度は薄力粉で挑戦することにする。
[PR]
by choco-tto2 | 2006-01-03 23:44 | お菓子を評す